“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

Jクラブスカウト注目ナンバーワン!
京都橘高FW岩崎悠人、17歳の苦悩。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2016/04/09 10:40

Jクラブスカウト注目ナンバーワン!京都橘高FW岩崎悠人、17歳の苦悩。<Number Web> photograph by Takahito Ando

1998年生まれの岩崎は東京五輪世代。代表ストライカーの期待もかかる。

白熱する周囲と、苦悩する17歳。

 さらに現在、鹿島アントラーズの中心人物である柴崎岳が、青森山田高2年時の1月に鹿島入りを決めたように、近年は早い段階で進路を決めるケースも多い。さらに大学サッカーのスカウトも積極的で、4、5月で来季の入学を決めるケースも多くなってきた。中には、インターハイ予選やインターハイを視察して、「ぜひウチに欲しい」とJクラブが動いても、すでに大学が決まっていて、獲得できないケースも出てきている。それゆえに、3~5月はJクラブスカウトにとって、まさに「決戦の時」なのだ。

「どのクラブも魅力がありますし、『1年目から試合に出て伸びる環境』を求めるのか、『厳しい競争の中で揉まれる環境』を求めるのかという迷いもあります。周りから『正直、どこに行きたいの?』と聞かれたり、『ここに行きなよ』と言われたり……。迷っているからこそ、答えに困ります。それに関係者の方々も、会う度に『来てほしい』という想いがヒシヒシと伝わってくるようになりました。だからこそ、早く決めないといけないと思っています。でも、代表のこと、チームのこと、自分の進路のことと、考えなければいけないことが多くて、苦しいなと思うこともあります……」

 白熱する周囲と、苦悩する17歳。だが、これを打破できるのは、誰でもない、岩崎自身に他ならない。それを彼自身はきちんと理解している。

「自分のためにも、チームのためにも、そしてJクラブの関係者のためにも、しっかり決断をして、きちんと責任を持ちたい。だからこそ、今は自分自身ともっと真剣に向き合いたいと思います」

 最後に見せた高校生らしい笑顔。きっと彼はしっかりと決断を下し、さらに成長をした姿を見せてくれるだろう。筆者は人工芝グラウンドの横で話してくれた彼の言葉、表情をずっと忘れない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
京都橘高校
岩崎悠人

Jリーグの前後の記事

ページトップ