JリーグPRESSBACK NUMBER

遠藤航は浦和に何をもたらしたのか。
西川、柏木が語るその「価値と課題」。

posted2016/02/29 18:10

 
遠藤航は浦和に何をもたらしたのか。西川、柏木が語るその「価値と課題」。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

2015年シーズン前にもオファーを出していた浦和にとって、遠藤航はどうしても必要な選手だった。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE PHOTOS

 浦和レッズだけである。

 ACLに出場している4チームのなかで、ACL第1節とJ1リーグの開幕節に連勝したのは、ミハイロ・ペトロヴィッチのチームだけなのだ。

 2月24日のACLは、ホームゲームだった。真夏のオーストラリアから来日したシドニーFCは、広州恒大(中国)、浦項スティーラーズ(韓国)を含めたグループステージでもっとも与しやすい相手である。シーズン最初の公式戦とはいえ、絶対に負けてはいけないゲームだった。

 付け加えておけば、ペトロヴィッチ監督のもとで挑んだ'13年と'15年のACLは、いずれも黒星スタートだった。'13年は広州恒大に完敗し、昨年は水原三星ブルーウィングスに逆転負けした。アウェイで喫した2つの黒星は、グループステージ敗退の一因となった。それもまた、シドニーFC戦が重要と考えられていた理由である。

浦和の変化の兆しは、ピッチに現れている。

 そして2月27日のJ1リーグは、アウェイゲームだった。ペトロヴィッチ監督が就任した2012年以降、Jリーグの開幕節は3勝1敗と相性がいい。'13年以降は3連勝を飾っている。

 対戦相手の柏レイソルは、大幅に陣容を変えていた。長くゴールマウスに君臨した菅野孝憲が京都サンガへ新天地を求め、鈴木大輔とエドゥアルドの両センターバックがチームを去った。昨季チーム最多得点のクリスティアーノ、同2位の工藤壮人の名前も、メンバーリストから消えている。

 主力クラスがこれだけ抜ければ、チーム作りには時間がかかるものだ。指揮官も交代している。

 ところが、ミルトン・メンデス新監督を迎えた昨季年間10位の柏は、浦和を執拗に苦しめた。新外国人FWディエゴ・オリヴェイラの推進力を強みに、迫力のある攻撃を展開した。

 どちらの試合も、ストレスのかかるものだった。

 それでも、浦和は勝利をつかんだ。

 だから今年のチームは違う、と見なすのはまだ早い。だが、変化の兆しはピッチに現われている。

【次ページ】 遠藤航がソリッドな守備と多様な攻撃をもたらす。

1 2 3 NEXT
浦和レッズ
遠藤航
西川周作
柏木陽介
ミハイロ・ペトロヴィッチ
柏レイソル

Jリーグの前後のコラム

ページトップ