“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

サッカー界に一石を投じるプロ入り。
室屋成、そして明治大学の英断。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2016/02/25 10:40

サッカー界に一石を投じるプロ入り。室屋成、そして明治大学の英断。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

五輪最終予選は6試合中5試合で先発。サイドバックとして存在感を発揮し、イラン戦では値千金のアシストを決めた。

ピッチの内外で、やることをやる。

「日頃の室屋のサッカーに取り組む姿勢は本当に素晴らしい。練習にも手を抜かず、貪欲に取り組み、学校での立ち振る舞い、単位取得も素晴らしかった。大事なのは彼の学校生活の態度。1年生から授業や単位をきちっと取ってきたこと。それが重なり、学校の方にサッカー部から要望して、きちんと順を追った上で、承諾していただいた」(栗田監督)

 ピッチ内でもピッチ外でも、大学生としてやるべきことをやっていたからこそ認められた――筆者は今後も、こういう振る舞いと実力が伴った有望な選手が、「室屋ケース」としてプロの世界に羽ばたいていって欲しいと思っている。

「室屋ケース」を例外扱いにしてはいけない。このケースが特別なことではなく、実力と人間性を共に有した選手達がベストなタイミングでプロの世界に飛び込めるように……と願っている。明治大学と室屋成が投じた勇気あるこの一石を、決して無駄にしてはいけない。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

FC東京
明治大学
室屋成
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

Jリーグの前後のコラム

ページトップ