松山英樹、勝負を決める108mmBACK NUMBER

“自分の番”ではなかった11位終了。
松山英樹「なるべくしてなった」の真意。

posted2016/02/23 10:40

 
“自分の番”ではなかった11位終了。松山英樹「なるべくしてなった」の真意。<Number Web> photograph by Sonoko Funakoshi

パットが入らず、呆然とした表情を見せた松山英樹。「自分の番」ではない日はゴルフにはつきものなのだ。

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph by

Sonoko Funakoshi

 ノーザントラスト・オープン3日目を首位で終えたバッバ・ワトソンは、こう言った。

「明日は、自分の足元をしっかり見つめ、やるべきことをやるのみだ」

 3日目を5位で終えたローリー・マキロイは、こう言った。

「明日は、ミスを抑え我慢する。我慢していれば、どこかで自分の番がやってくる。それがバック9なら、ありがたい」

 2人が口にした言葉は、最終日を10位で迎えた松山英樹にも当てはまるものだった。

「まだチャンスはある。しっかり伸ばしていけるよう頑張りたい」

 松山も自分の足元を見つめ、やるべきことをやり、ミスを抑え、自分の番の到来を我慢強く待ちながら戦おうとしていた。

 だが、最終日に「松山の番」は、ついぞ到来しなかった。

ジリジリとなくなっていく優勝の可能性。

 たとえば、フェアウエイに全然行かないとか、ピンに全然絡まないとか、それぐらい不調だったら諦めざるを得ない。たとえば、ここぞという場面でOBを打ったとか、池に落としたとか、そういう大きなミスで後退したら、そのほうが諦めはつきやすい。

 だが、最終日の松山のゴルフは、「ああ、ダメだ」と諦めさせる内容ではなく、じりじりとストレスが募っていく展開だった。

 1番をバーディーで発進したが、3番も4番もグリーンをきっちり捉えた上で3パットして2連続ボギー。すぐさま5番でピン2メートルに付け、バーディーを奪い返したが、次なる6番では再びピン2メートルに付けながら、それを外してしまった。

「うまくいきそうなところでミスが続いて、なかなか波に乗れなかった」

 せっかく自力でチャンスを作り出したのに、そこでミスしてチャンスを逃す自滅的な流れ。それが松山の平常心を乱し、日頃はポーカーフェイスに近いその表情が、この日は悔しさや苛立ちで乱れていた。

「6番を外したのが大きかった……12番もプレッシャーがかかって、ボギーにしてしまった」

 出だしは3打だった首位との差が5打、6打と開いていき、最後は7打差。

「18ホールをどうやって回ったらいいかと考えたけど、なかなかうまくいかず、焦りもあった。ベストを尽くそうと思ったけど、結果が伴わなかった。出たからには結果がすべて。悔しいけど、なるべくして、なった。(次は)そうならないよう、しっかり準備していきたい」

【次ページ】 体調は徐々に回復、パットはどんどん下降。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

松山英樹
バッバ・ワトソン
ロリー・マキロイ

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ