月刊スポーツ新聞時評BACK NUMBER

プチ鹿島、1月のスポーツ新聞時評。
主役は琴奨菊……じゃなくてSMAP!? 

text by

プチ鹿島

プチ鹿島Petit Kashima

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2016/02/01 18:20

プチ鹿島、1月のスポーツ新聞時評。主役は琴奨菊……じゃなくてSMAP!?<Number Web> photograph by Kyodo News

優勝から一夜明け、初優勝を報じるスポーツ新聞をズラリと並べた琴奨菊。

ふと紙面から浮かんでくる言葉に宿る真実。

 私は思う。

 密接な関係性だからこそ浮かび上がってくるものもある。「誰かが言いたいこと」がそこに書いてあるように思える瞬間がある。

《そのためには一刻も早くメリー副社長に直接謝罪するしかない。それがグループ存続への一歩になる。》 (スポニチ・ 1月18日)

 ふっとあふれる紙面の文字から浮かんでくる強い表現。私はそれらを「真実らしきもの」と想像して読み比べを楽しみたいのだ。

 盲信も全否定もつまらない。

 どの角度からも楽しめるか。

 そうして読めばスポーツ新聞はやめられない。

 以上、1月の「月刊スポーツ新聞時評」でした。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

琴奨菊
原辰徳
SMAP

相撲の前後のコラム

ページトップ