SCORE CARDBACK NUMBER

琴奨菊の初優勝を支えたのは膨大なルーティンと若い衆!?~面倒見のいい大関が部屋で愛される理由~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2016/02/08 08:00

琴奨菊の初優勝を支えたのは膨大なルーティンと若い衆!?~面倒見のいい大関が部屋で愛される理由~<Number Web> photograph by KYODO

14勝1敗で初優勝した琴奨菊。3月13日からの大阪場所で連覇すれば、横綱昇進も見える。

「若い衆も頑張ってくれたと思います。僕は一日じゅうルーティンがあって、みんなが合わせてくれて、それも大変だったはずですから」

 日本出身力士10年ぶりの優勝として話題を呼んだ、琴奨菊の初優勝。目を糸のように細め、満面の笑顔で臨んだ優勝一夜明け会見で、佐渡ケ嶽部屋の若い力士たちが、その晴れ姿を見守っていた。

 琴奨菊によると、今場所は体重が10kg近く落ち、「ちゃんこのメニューも、スタミナがつくものや食べやすいものなど、いろいろと気を遣って作ってくれていた」とのこと。労いの言葉を耳にした若い衆たちが、口々に“部屋頭”の素顔を話してくれた。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

琴奨菊

相撲の前後のコラム

ページトップ