サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

3連勝のU-23にあえて警鐘を鳴らす。
「先制された時」の戦い方を準備せよ。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2016/01/20 11:30

3連勝のU-23にあえて警鐘を鳴らす。「先制された時」の戦い方を準備せよ。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

近年ユース年代で躍進するサウジに完勝した日本。勝ちパターンに持ち込んだ時のこのチームは本当に強い。

リオへの、そしてリオで戦うための最初の壁。

「今は、まだまだ。大会が終わったあと、チームが100%になっていればいい」

 手倉森監督は、現時点でのチームの完成度をそう評した。

 不安が老婆心によるものであればいい。チームは、何事もなかったかのように淡々と勝ち抜いていくかもしれない。また、先制点を取れば負けない自信がチームにはある。準々決勝のイラン戦でもそういう試合展開になれば何も問題は無い。

 一方で、先制される苦しい展開を跳ね返して勝てば、リオ五輪の切符をつかむためのピースが揃うことにもなる。そうなれば今大会での優勝はもちろん、手倉森監督の言う通り、大会後には末恐ろしいチームが完成しているかもしれない。

 イラン戦は、リオへのスタートになるだけでなく、そのために越えるべき最初の壁になる。

関連記事

BACK 1 2 3
手倉森誠
井手口陽介
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ