スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

混戦予想を覆した箱根圧勝の青学大。
神野らが抜ける来年も強い層の厚さ。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byHirofumi Kamaya

posted2016/01/06 10:30

混戦予想を覆した箱根圧勝の青学大。神野らが抜ける来年も強い層の厚さ。<Number Web> photograph by Hirofumi Kamaya

6つの区間で区間賞を手にした青学が往路復路の完全優勝。覇権はしばらく続きそうだ。

2、3人変わっても優勝しそうな青学の分厚い層。

 今回の走りを見て、いま一度青学大の強さを見せつけられた思いがする。

 久保田、神野、小椋といった大駒が抜けるため、来年度以降は戦力がダウンするのではないか、という見方がされていたが、箱根初登場の秋山、下田の走りを見ると、全体的なレベルが他大学とは違うことが分かる。

 今年の青学大はひとり、ふたりメンバーが変わっていたとしても優勝していただろう。

 他チームの指揮官が試合後に語ったことが対照的だった。

「全日本を走ったふたりが故障で欠けたことで、有効打を出すことが出来ませんでした」(東洋大・酒井監督)

「エースの高田が不調。経験者がふたり抜けると、勝負になりませんでした」(早大・相楽監督)

 やはり、レギュラーメンバーが抜けると、途端に戦力ダウンにつながるのだ。

 トップ選手のレベル、レギュラー争いまで、とにかく青学大は分厚い。この厚みを貫通することは、並大抵のことではない。

関連記事

BACK 1 2 3
青山学院大学
神野大地
久保田和真
一色恭志
秋山雄飛
下田裕太

陸上の前後の記事

ページトップ