ブックソムリエ ~新刊ワンショット時評~BACK NUMBER

走ることから、日本を知る。~駅伝、という世界的にも極めて珍しい光景~ 

text by

幅允孝

幅允孝Yoshitaka Haba

PROFILE

photograph byWataru Sato

posted2016/01/17 06:00

走ることから、日本を知る。~駅伝、という世界的にも極めて珍しい光景~<Number Web> photograph by Wataru Sato

『駅伝マン 日本を走ったイギリス人』アダーナン・フィン著 濱野大道訳 早川書房 1700円+税

 年末年始、テレビをつければタスキをつなぐランナーたちの姿をみることができる。懸命に走る彼らの姿を僕らは何の疑いもなしに眺めている。時に、ランナーたちの表情や驚くべき走力に心動かされながら。けれど、全世界的に鑑みれば、その光景がずいぶん稀有なものだと、この本の読後には気づくはずだ。

『駅伝マン』の著者、アダーナン・フィンは英国のジャーナリスト。前作『ケニア人と走る(Running with the Kenyans 未訳)』では、ケニアに滞在し、その地のランナーと一緒に走りながら世界の長距離走シーンをリードする国や人々を描いた。そんな彼が、次なるテーマに選んだのが日本の長距離走者。身体的優位性もないのに、なぜ優秀なランナーを多数輩出する土壌があるのか探るため、家族で京都に引っ越してきたのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 291文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

挑戦者たち。~2016年の16人~

Sports Graphic Number 893

挑戦者たち。
~2016年の16人~

 

陸上の前後の記事

ページトップ