野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

DeNAの第二幕はどこへ向かうのか?
球団社長に来季戦略を直撃! 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2015/11/18 10:30

DeNAの第二幕はどこへ向かうのか?球団社長に来季戦略を直撃!<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

ラミレス新監督は早速指導を開始している。ゲッツも封印して、来年はどんなスタイルに?

天才集団と、ベイスターズという怪物の戦い第二幕。

 6日から奄美大島ではじまった秋季キャンプでは、ラミレス監督の下、この“凡事徹底”を掲げたキャンプが行われている。もう一度基本に立ち返っての再スタート。監督自ら宿舎の部屋のドアを開け放ち選手を待つなど報道陣に話題を振りまきつつ、ファンからの「ゲッツやってください」という声を笑顔で抑えながら声援に応えつつ、このDeNAベイスターズというチームが本当に強くなるための根幹を築いていく。……ラミレス監督がやるべきことは実に多い。

「ラミレス監督には凡事徹底の意図も監督面談の段階から何度も対話して、理解してもらっています。今までも、そしてこれからも、私だち経営側の人間が野球の世界でできることは、足りないものを言葉で明確にして、改善できるような仕組みや体制づくりをしていくこと。来年は絶対に勝ちたいです。この数年も勝ちたいといいながら負け続けて……本当に忸怩たる思いがあります。特に今年はこんなにお客さんに来てもらったのに、野球を直接やらない立場であるからこそ、本当に忸怩たる思いでやるせなかった」

「もう本当に勝つしかない」と燃える百戦錬磨の池田社長の情念は、今度こそ届くのか。それともやっぱりベイスターズはベイスターズであり、CSを知らぬまま朽ちて行く深い業に囚われた乙女であるのか。

 やり手vs.やらない手、圧倒的な行動力で世間を動かしてきた天才集団と、未だ手懐けることを拒むかのようなベイスターズという怪物との壮絶な戦い、その第二幕がはじまる。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6 7 8
横浜DeNAベイスターズ
池田純
中畑清
アレックス・ラミレス
多村仁志
金城龍彦

プロ野球の前後の記事

ページトップ