野球クロスロードBACK NUMBER

内川不在に選手会長・松田宣浩が燃!
盤石SBを象徴する2人のリーダー像。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2015/10/27 10:40

内川不在に選手会長・松田宣浩が燃!盤石SBを象徴する2人のリーダー像。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

初戦でホームランを放ち、ソフトバンクに勢いを呼び込んだ松田宣浩。

「静」と「動」を兼ね備えたキャプテンシー。

 松田と内川。ふたりのキャプテンシーの特徴を挙げれば、「静」と「動」を兼ね備えているところにある。

 2013年オフ。選手会長に任命された松田はこのように所信表明をしていた。

「選手会長になったからといってね、やることは別に変わりませんから。キャンプが始まる直前くらいは、『元気を出して、前を向いて頑張っていこう!』みたいなことを、ちょっとキツめに言おうとは思っていますけどね。多分、それくらいだと思います」

 松田は選手会長としては「静」を心がけた。それは、今までどおり練習や試合で誰よりも声を出すことでチームの士気を高める「動」の姿勢があれば、選手たちは自分の意思を汲み取ってくれるだろう――その確信があったからできたことだった。

 その松田が選手会長になったからこそ、当時、まだ主将ではなかった内川も現在は「なるべくしてなった」と納得できたのだ。

「一緒にホークスを盛り上げていきましょう!」

 '11年に内川が横浜(現DeNA)からFAでソフトバンクに移籍した際、当時主将だった小久保裕紀や本多雄一はじめ、全員が歓迎してくれた。なかでも明確に意思表示したのが1歳下の松田だった。

「一緒にホークスを盛り上げていきましょう!」

 その言葉で内川は「本当に受け入れてもらえているんだ」と安心したという。

 内川は「選手会長・松田」をこう評する。

「マッチ(松田)の爆発力っていうのは、僕らからしたらすごく羨ましいんですよ。選手ってナイター翌日のデーゲームってすごくしんどくて、試合中でも疲れを出してしまったりするんですね。でもあいつは、そんな時だからこそ一番元気を出してくれるんです。あの勢いのある姿を見せてもらうことによって、僕らは元気をもらえる。マッチの存在はすごくありがたいんですよ。そういう選手が選手会長になるっていうのは、チームにとって絶対にプラスになりますから」

【次ページ】 松田からの副会長就任打診を内川が断った理由。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

松田宣浩
内川聖一
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後のコラム

ページトップ