マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

ドラフト1位指名濃厚の剛速球右腕。
熊原健人のストレートを受けてきた。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byMasae Takahashi

posted2015/10/16 10:30

ドラフト1位指名濃厚の剛速球右腕。熊原健人のストレートを受けてきた。<Number Web> photograph by Masae Takahashi

大学入学時は66kgだった体重もいまや86kgまで増えた熊原健人。そのストレートは上位指名必至のパワーだ。

「すごい角度でいったと思います、自分でも」

 シュート回転の真ん中を2つ続けて、マウンド上で端正なマスクがゆがむ。

「ラスト1球! 投げ直しなし!」

 引っかけ過ぎが2つ続いて、3つ目でこの日いちばん長くミットをにらみつけたそのストレートがホームベースの右の角をかすめて、「ボール」の位置でミットにめり込んだ。

 なんて角度だい……。

 納得?! と訊いたら、「納得ですっ」と即答。

「すごい角度でいったと思います、自分でも」

 投げた本人が驚くなよ……。

抽選のあとまで残っているわけがない。

 3年前の春。

 朝の7時半に145キロを立て続けに投げてみせた三重中京大・則本昂大は、今、熊原健人の地元・宮城で東北楽天イーグルスのエースを張る。

 そのお膝元で、朝8時すぎに140キロ後半、いや、受けた私には“150”が何球もはさまっているように見えた、そんな剛腕がドラフトを待つ。

 仙台育英高・平沢大河遊撃手のドラフト1位指名を明言した楽天・星野仙一副会長。平沢が獲れなかったら、その時は熊原健人。そんな報道を目にした。

 とんでもない。これだけのピッチャー、抽選のあとまで残っているわけがない。

 球界の大人物を向こうにまわして怒られるかもしれないが、私のミットと手のひらは、そんなふうにコッソリつぶやいている。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
熊原健人
仙台大学

プロ野球の前後の記事

ページトップ