Number ExBACK NUMBER

今も助っ人外国人を悩ませる問題に、
1985年のバースはどう対応したのか? 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2015/09/17 10:45

今も助っ人外国人を悩ませる問題に、1985年のバースはどう対応したのか?<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

バース氏が阪神で活躍した背景には、流し打ちの体得など、日本球界に順応する努力があった。

「ここに居場所を見つけた」

――バースさんご自身にとっては、'85年の21年ぶりのリーグ優勝と、チームにとって史上初の日本一というのはどういう意味がありますか?

「アメリカではずっとリザーブの選手だったけど、日本に来て中心選手になれた。特に'85年にバッターとして大成功したことで、チームにとってなくてはならない選手になれた。今までは、いてもいなくてもいい選手だったけど、ここに居場所を見つけたという気持ちになれたのが、あの優勝のおかげだったんだ。本当に私を必要としてくれるチームに出会えた。優勝の瞬間にそう実感したことを、今でも鮮明に覚えているよ」

――阪神にとって、ファンにとってバースさんはかけがえのない伝説のプレーヤーです。バースさんにとってもタイガースとファンは、決して代わりのいない大きな存在だということですね。

「アメリカで色々なチームを渡り歩いてきたけど、今でも“自分のチーム”と言えるのは絶対にタイガースだと思っている。最初の1日目から私はこのチームの一員だと思っているんだ」

  未だに冷めないタイガースへの愛を語るバース。当時の主力選手たちも「ランディは助っ人ではなくファミリーだ」と話す。しかし、そのバースも'85年は決して順風満帆なシーズンではなかった。自打球による骨折の痛みに耐えて獲得した三冠王だったことは、阪神ファンでも記憶の彼方に消え去っているかもしれない。その詳細は『1985 猛虎がひとつになった年』でお読みいただくとして、次回(9月25日配信予定)は“恐怖の1番バッター”真弓明信。先頭打者でありながら、このシーズンに34本もの本塁打を放ったレジェンドが登場する。
『1985 猛虎がひとつになった年』

「Amazon」で購入

文藝春秋BOOKS

『1985 猛虎がひとつになった年』

猛虎80年の歴史に燦然と輝くシーズンを単行本化!

バックスクリーン3連発だけではない、日本一への軌跡をたどる。
吉田義男はこう振り返る。
「あの年はとにかく打った、打ったという話になりますが、どんな状況でも個々の選手が自分の仕事をきちっとこなしてくれた。それがあの年の阪神の強さでした」

<本体1500円+税/鷲田康・著>

書籍紹介ページへ(文藝春秋BOOKS)

関連記事

BACK 1 2 3
阪神タイガース
ランディ・バース

プロ野球の前後の記事

ページトップ