メルマガNumberダイジェストBACK NUMBER

イビチャ・オシム「日本にもう一度
行けるようならば、私もとても嬉しい」 

text by

イビチャ・オシム

イビチャ・オシムIvica Osim

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2015/09/03 12:50

イビチャ・オシム「日本にもう一度行けるようならば、私もとても嬉しい」<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

「イビチャ・オシムの『オシム問答』」、配信は隔週金曜日の予定です。

元日本代表監督のカリスマがサッカーの現在を深く洞察する
メルマガ「イビチャ・オシムの『オシム問答』」。
最新号の中身をちょっとだけ……特別にご紹介いたします!

 ▼Lesson.111 目次

 【1】〈今回の「オシム問答」〉
        「ヨーロッパに行く選手は、行くことだけで満足してほしくない」

 【2】〈「オシムとの対話」〉
        「日本にもう一度行けるようならば、私もとても嬉しい」

 【3】〈「ジャンマルク・ギウー、アカデミーを語る」〉第2回
        「サッカーはアートか、戦いか? それは哲学的な問題だ」

 【4】〈「オシムの教え」〉
        「サッカーは、リズムとテンポ両方を保っていなければならない」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】〈「オシムとの対話」〉
        「日本にもう一度行けるようならば、私もとても嬉しい」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

――ボスニア・ヘルツェゴビナにとっても9月のEURO予選は大事ではありませんか?

オシム:ああ、1週間後(9月3日)にはブリュッセルでベルギー戦がある。グループの中でダービーともいえる試合だ。われわれが勝てば、フランスの本大会に進めるチャンスが広がる。負けたらベルギーがトップになり(実際はウェールズがベルギーに勝ち点3差をつけて首位に立っている)、われわれには厳しい状況になる。

 難しい試合であるのは間違いない。(サフェト・スシッチからメフメト・バズダレビッチに)監督を交代してチームも大きく変えねばならなかった。新しい選手たちが入ってきたし、所属するクラブでプレーしていない選手もいる。負傷者も何人かいて、頭の痛いところだ。どうなることか、見守るしかないが……。

「よく知る元選手が監督になっている。成功してほしい」

 チームは月曜にベルギーに発つ。私はオーストリアに行って、向こうで試合を見ることになる(グラーツの自宅でテレビ観戦)。スロベニアの試合(9月5日、対スイス戦)もだ。この試合もまた興味深いし、(旧ユーゴ勢は)どこもそれなりに頑張っている。クロアチアは(イタリアを抑えて)首位に立ち、とても有利なポジションにいる。セルビアはペナルティを科せられてしまったが、スロベニアとモンテネグロ、ボスニアが正念場を迎えている。

――まだ可能性があるわけですね。

オシム:ああ、そうだ。それに私が良く知る元選手たちが監督を務めている。彼らが成功して欲しいし、さらに選手たちが後に続いて監督になって欲しい。カタネッチがスロベニアでドルロヴィッチがマケドニア、ブルノビッチがモンテネグロだ。彼ら(モンテネグロ)は新しい監督を探していて、ピクシーにオファーを出したのだが……。

――彼は中国(広州富力)に行ってしまいました。

【次ページ】 「優れた選手を抱えていても、プレッシャーも比例する」

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

イビチャ・オシム
ヴァイッド・ハリルホジッチ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ