プロレスのじかんBACK NUMBER

中邑真輔の戦いが限界を超えている!!
G1クライマックス、レスラー達の矜持。 

text by

井上崇宏

井上崇宏Takahiro Inoue

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2015/08/10 14:30

中邑真輔の戦いが限界を超えている!!G1クライマックス、レスラー達の矜持。<Number Web> photograph by Essei Hara

復帰直後のG1で、IWGPインターコンチネンタル王者の後藤洋央紀を破った中邑。5月に奪われたベルトのリベンジだけでなく、IWGP王者への挑戦権も見えてきた。

優勝決定戦の8月16日。全レスラーが生き抜いた姿を!

 中邑が立ち去ったあと、しばらくして飯伏幸太が通りかかった。

「あれ? こんなとこでなにしてんですか?」

「なにしてるって、そりゃあ取材で来たんですよ」

「ああ、ここ試合会場か……。そっかそっか。お疲れ様です」

 本当の本当に、この過酷さが観る者に伝わり切れているか。それともレスラーは伝わってほしくないのか。微妙だ。

 すべては“いちおうは平気”なのか。

 8月16日、すべてのレスラーの生き残った、いや、生き抜いてきた姿が両国で観られますように。

関連記事

BACK 1 2 3 4
中邑真輔
カール・アンダーソン
永田裕志
石井智宏
飯伏幸太

プロレスの前後の記事

ページトップ