Number on NumberBACK NUMBER

パ・リーグの強さ。
~平均年俸で見る“費用対効果”~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2015/07/28 10:30

パ・リーグの強さ。~平均年俸で見る“費用対効果”~<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

交流戦1位となったソフトバンクの2015年度の平均年俸は、セ・パ全球団中2番目に高い5798万円。最も高いのは巨人の6893万円だった。

 プロ野球の交流戦はパ・リーグの61勝、セ・リーグの44勝で、パ・リーグが史上最高勝率「.581」を記録して終わった。これで、6年連続でパ・リーグの勝ち越しである。

 昨年までの8年間は24試合制で、各カード2連戦の形式だったから、先発投手を4、5人でローテーションさせることが可能だった。このため、強力な3本柱のいるチームが有利になり、パ・リーグが勝ち越しているのはこのためではないか、という見方もあった。今年から18試合制になって、リーグ戦と同じ各カード3連戦になったことで、先発投手は通常と同じ6人必要になった。そうなると、両リーグの成績はほぼ均衡するのではないか、との予測もあった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1270文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

大谷翔平とプロ野球新時代。

Sports Graphic Number 881

大谷翔平とプロ野球新時代。

 

プロ野球の前後の記事

ページトップ