モーターサイクル・レース・ダイアリーズBACK NUMBER

偉大な王者・ロッシが編み出した
“接触”という名の奇想天外な戦術。 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2015/07/04 10:40

偉大な王者・ロッシが編み出した“接触”という名の奇想天外な戦術。<Number Web> photograph by Satoshi Endo

接触直後、グラベルに飛び出したロッシは難なくコース復帰し、今季3勝目を挙げて ランクトップを堅持した。

そんなことしなくても強いのに……。

 しかし、これはいずれも裁定が下る前の行動だ。

 ロッシファンが多いアッセンだけに観客は大喜びだったが、ファンを取り込んで、自分が優勝したんだという既成事実を積み重ねていく手法は、相変わらずお見事としか言いようがなかった。

 最高のレースだったと語る関係者もいたが、マルケスにとっては「ええ? これでいいの?」というレースだったに違いない。

 笑顔を浮かべていても「マルケスの心境やいかに」であり、これまでもさんざん特別扱いされてきたロッシへの無罪判定に、「ああ、またかい」と思った人も少なくないはず。

 そんなことしなくても強いのに……といつも思うのだが、ロッシの“戦略”は今も昔も健在だ。

 審査委員会がふたりともシケイン不通過と判定するならば、マルケスにとっては酷だが、両者に対してタイム加算などのペナルティを与えるべきだったと思う。

 それでロレンソが優勝したとしても、それはそれで、みんなが納得する気持ちのいい結末になったのではないだろうか。

関連記事

BACK 1 2 3
ヴァレンティノ・ロッシ
マルク・マルケス

MotoGPの前後の記事

ページトップ