SCORE CARDBACK NUMBER

急増する親子ボクサー。2世たちの奮闘に注目。
~辰吉、畑中、平仲……闘う遺伝子~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byKYODO

posted2015/06/28 10:30

急増する親子ボクサー。2世たちの奮闘に注目。~辰吉、畑中、平仲……闘う遺伝子~<Number Web> photograph by KYODO

4月16日のデビュー戦に勝利した辰吉寿以輝(左)と父・辰吉丈一郎。7月20日に2戦目に挑む。

 辰吉丈一郎の次男・寿以輝のプロデビューに、テレビやスポーツ紙は世界戦並みの大々的な報道を展開した。これも父親の知名度のおかげだが、プレッシャーに耐えられるのかとの心配は無用。明るい性格で騒がれてもケロリとしていられるふてぶてしさが、ジョーから受け継いだ一番の才能かもしれない。新人離れした左フックの威力も父親譲りだ。

 このところチャンピオンの息子がボクサーの道に進むケースが相次いでいる。田中恒成を5戦目で世界王座に就かせた畑中清詞さん(元WBC世界スーパーバンタム級王者)も、息子の建人は現在中京高校2年生でアマチュアのリングに立っている。「沖縄から世界へ」のスローガンを達成した平仲信明さん(元WBA世界スーパーライト級王者)の長男・信裕も芦屋大学1年生ながら貴重なポイントゲッターとして、関西学生リーグ戦1部初優勝に向けて奮闘中だ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

辰吉丈一郎
辰吉寿以輝
畑中建人
平仲信裕

ボクシングの前後のコラム

ページトップ