SCORE CARDBACK NUMBER

相次ぐ計量失格と、タイトルの“軽量化”。
~「落とさないが勝ち」を許すな~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/05/26 10:00

相次ぐ計量失格と、タイトルの“軽量化”。~「落とさないが勝ち」を許すな~<Number Web> photograph by AFLO

粟生vs.ベルトラン戦には、村田諒太が厳罰化のルール改正を提起するなど現役選手も苦言。

 試合前日に行われる公式計量の場で、ボクサーが契約で決められた体重に落とす。当たり前のことだが、落とせなければ大変なことになる。何かに似ている。なんのことはない、今この原稿を書いている作業と同じではないか。約束の時間までに分量通りの原稿を書いて編集者に送る。ただし約束を守れないと……締め切り時間をオーバーし焦り気味の筆者は、減量ボクサーに同情してしまう。

 前置きはさておき、ここ最近内外の試合で契約体重を作れず、大騒ぎになるというケースがまた相次いでいる。4月8日の日本フライ級タイトル戦では、村中優が50.8kgのリミットを1.2kgオーバーして失格。戦わずしてタイトルを取り上げられた。村中は翌日の試合直前に再計量し1kg以上体重を増やさないことを条件に試合を許された。そして試合では林徹磨に判定勝ち。ばつの悪い勝者は敗者のコーナーに歩み、跪いて謝罪した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 559文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

黒田博樹とカープの伝説。

Sports Graphic Number 878

黒田博樹とカープの伝説。

 

関連記事

村中優
斉藤勝男

ボクシングの前後の記事

ページトップ