SCORE CARDBACK NUMBER

日本人ボクサー株急騰は“ユーチューブ”のお蔭?
~井上尚弥も「モンスター」扱い~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/07/26 10:30

日本人ボクサー株急騰は“ユーチューブ”のお蔭?~井上尚弥も「モンスター」扱い~<Number Web> photograph by AFLO

5月に山中(右)が日本人では異例となるトップ10入りを果たすと、翌月には内山も続いた。

 遅まきながら、いまユーチューブにハマっている。1960~'70年代を中心に当時は見ることのできなかったボクシングの名勝負を次から次へと観戦するのだが、結果が分かっていても、ついつい時間を忘れるほどのめり込んで見てしまう。原稿の締め切り前にこれを見始めると、自分で自分の首を絞めることになる。改めて、便利な世の中になったと痛感しないわけにはいかない。

 先頃ボクシング殿堂入りを果たした具志堅用高は、現役時代13度王座防衛の記録を樹立したが、この中で強敵、難敵と見られた対戦相手には比較的好試合を演じたものの、時にランキング下位の挑戦者に苦戦することがあった。その理由は、「無名の相手ほど、試合のビデオが手に入りにくく、戦いづらかったから」と関係者から聞いた。まさに「敵を知り、己を知らば、百戦危うからず」である。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

井上尚弥
山中慎介
内山高志

ボクシングの前後のコラム

ページトップ