サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

長谷部誠に提示された進化の契機。
繰り返した「工夫が足りなかった」。 

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2015/06/20 10:50

長谷部誠に提示された進化の契機。繰り返した「工夫が足りなかった」。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

中盤ではほとんどシンガポールのプレッシャーを受けずにボールを持つことができた長谷部誠だったが……。攻撃にスイッチを入れることへの期待も大きい。

「選手の中には、W杯やアジアカップでの失望やトラウマを抱えたままの者がいる」

 ハリルホジッチ監督の言葉を伝えたとき、長谷部誠はそっとうなずいて、W杯ロシア大会へ向けた新たな一歩を力強く踏み出したいと話した。6月10日、親善試合イラク戦の前日のことだ。

「それは間違いなく選手の中にあると思うし、応援してくれる人たちも新しい何かを感じてもらえるような試合をやりたい。結果だけでなく、内容に関しても。そういう強い気持ちを持っていると思います」

 チームメイトの想いを代弁するように語ったキャプテン。イラク戦では4-0と完勝することに成功したが、重要なW杯ロシア大会アジア2次予選初戦のシンガポール戦は0-0のスコアレスドローとなってしまった。

 キックオフ直後からピッチ中央でボールに絡み、パスの供給源としてだけでなく、積極的な攻撃参加も見せた。少ないパスで、敵陣へと素早く攻め入る“縦に速いサッカー”を実現しようと試みたに違いないが、しっかりと自陣を守るシンガポールの壁を破るのに苦労していた。

「もう少し……攻撃のバリエーションというかね」

「相手がこうやって引いてくるというのはわかっていたので。サイドから攻めるという部分と1タッチ2タッチのシンプルなプレーでスピードを上げていこうと。今日はサイドと真ん中を使い分けて攻撃していく形だったけれど、相手もサイドのFWがしっかりと戻っていてサイドチェンジできるスペースもなかった。僕らボランチから真ん中へ当てようとしても、中央もしっかりと締められていた。僕のパスも何回もカットされたし。

 前半はね、良かった部分が何回かあったんですけど、なかなか点が入らないとみんなが丁寧に行きすぎるというか、考える時間が長くなっていってしまった。

 相手の守備の仕方は確かによかったと思うけれど、それを差し引いても、もう少し……攻撃のバリエーションというかね。引いた相手に対して、少しセンタリングを簡単に上げすぎた部分もあった。もう少し崩してからでも良かったかなって。そこのところはまだまだだなって思います。サイドのスペースをあける工夫も必要だった」

【次ページ】 繰り返し口にした「工夫が足りなかった」。

1 2 3 NEXT
長谷部誠
ロシアW杯

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ