Number on NumberBACK NUMBER

バトンパスが生む好記録。
~好調男子リレーの「利得タイム」~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byAP/AFLO

posted2015/06/11 10:00

バトンパスが生む好記録。~好調男子リレーの「利得タイム」~<Number Web> photograph by AP/AFLO

世界リレー選手権で銅メダルに輝いた日本代表。桐生祥秀(左から2番目)は、「メダルも獲れたし、いい遠征になった」と語っていたが、6月3日に右太もも裏肉離れを発表。回復が待たれる。

 日本の陸上界では今年、すでに三つの注目すべきニュースがあった。

 追い風参考ながら桐生祥秀が100mで9秒87、男子20km競歩で鈴木雄介が世界記録、そして世界リレーにおいて男子400mリレー、日本男子が銅メダル獲得。中でも男子400mリレーの銅メダルは、控えの選手が活躍した快挙だけに、陸上界にとって手応えのある結果だった。

 5月に開催される世界リレーは今年でまだ2回目だが、8位以内に入ればリオデジャネイロ五輪の出場権が獲得できるため、各国とも五輪種目の400mリレー、1600mリレーにはかなり力を入れていた。400mリレーに関して言えば、日本は当初、昨年の日本ランキングで100m上位3人の桐生祥秀(昨年10秒05)、高瀬慧(同10秒13)、山縣亮太(同10秒14)、そして今年4月に300mで日本新記録を出した200mのスペシャリスト藤光謙司(同10秒28)、この4人で組むのが最強メンバーではないか、と見られていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1295文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

黒田博樹とカープの伝説。

Sports Graphic Number 878

黒田博樹とカープの伝説。

 

大瀬戸一馬
藤光謙司
桐生祥秀
谷口耕太郎
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ