松山英樹、勝負を決める108mmBACK NUMBER

残り2ホール4打差でも勝利を信じる。
松山英樹の「小さな可能性」思考法。 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/06/08 16:30

残り2ホール4打差でも勝利を信じる。松山英樹の「小さな可能性」思考法。<Number Web> photograph by AFLO

不調を嘆きながらもディフェンディングチャンピオンとして堂々と戦い、5位という成績を収めた松山英樹。これでトップ10以内は今季7度目と、安定感は抜群だ。

池に入れたことよりも重かった「痛恨の一打」。

 最終日は後半の11番から次々にバーディーを奪い、首位に迫っていった。が、16番のパー3で池につかまり、ダブルボギー。その時点で首位とは4打の差が開き、残っているのは、わずか2ホール。万事休すと思えたその場面でも、松山がまだ勝利の可能性を信じていたことをホールアウト後に聞き、少々驚かされた。

「17番、18番を連続で取れば……」

 松山は、そう残る2ホールに彼は望みをつないでいた。自分がスコアを伸ばし、上位が落とすという逆方向の2つのアクションが同時に起こらない限り、チャンスはない。彼は、その小さな可能性を信じてクラブを振り続けた。

 しかし、17番はフェアウェイからの第2打がグリーンをオーバーし、パーどまりになった。

「16番はミスだったけど、自分の中では17番のセカンドがすごく痛かった」

 痛恨の一打は、池に落とした16番の第1打ではなく、自分の距離感を信じて打つことができなかった17番の第2打。松山の口からそれを聞いたとき、彼の大いなる心の成長を痛感させられた。

メジャー優勝は、もう、すぐそこまで……。

 残念ながら連覇はならなかった。けれど、もう何が起ころうとも、彼はきっと動じない。どんな小さなことでも彼は糧に代え、活かしていく。いまなお、ほんの少しだけ不足しているのは自信だけ。その自信を得るために必要なのは「練習と試合での結果です」。

 練習も試合も、積み重ねていくのみ。そして、さらに自信を醸成していくのみ。松山が目指すメジャー優勝は、もう、すぐそこまで来ている、そう頷かされるサンデーアフタヌーンだった。

関連記事

BACK 1 2 3 4
松山英樹
メモリアル・トーナメント

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ