Number ExBACK NUMBER

なぜトヨタはラリーを選んだのか。
その期待を担う2人の若きドライバー。 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2015/06/04 18:00

なぜトヨタはラリーを選んだのか。その期待を担う2人の若きドライバー。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

会見での新井大輝(左)と、勝田貴元。今後ふたりはフィンランドでトレーニングを受ける予定で、その後フィンランドやポーランドの国内選手権にスポット参戦するという計画もある。

現役トップドライバーを父に持つ2人。

 選ばれた新井と勝田。ラリーファンなら「ん?」と思うかもしれない。そう、2人の父は、新井敏弘と勝田範彦。言わずと知れた国内ラリーの現役トップドライバーだ。

 やはり今回の選考結果も、幼少期からの“エリート教育”の賜物と思いきや、さにあらず。新井大輝は「育成プログラムに選ばれたと父に言っても『ふーん、そう』と言われただけ(笑)。父は『教えてできるなら、何も言わなくてもできるだろ』という感じ。見て学べ、というタイプ」と苦笑い。

 勝田貴元も「父はテキトーなんで(笑)。『とりあえず、良かったな。でも、これからだぞ』、と」。

サーキット出身の勝田、なぜラリーを?

 勝田は12歳からカートを始め、昨年まではF3で活動していた。サーキット出身のラリードライバーは珍しい。一昨年にはF3シリーズで2位にもなっているのに、なぜラリーを選んだのか。

「昨年、全日本ラリーにスポット参戦したとき、ラリーはドライバーではなく、チームが主役なんだってところに、気持ちをもっていかれたんです。ナビゲーションをするコ・ドライバーと一緒ですし、メンテナンスや修理をするサービスパークに観客の方も集まりますから。

 正直なところ、F3もラリーも両方やりたい気持ちはありました。でも、そんなに甘い世界ではないので、ラリー1本に決めました。ラリーでの経験値はまだまだですが、スピード感はサーキットのほうが高い。スピードに対する恐怖感はないので、そこを活かせると思います」

【次ページ】 軽トラックで山を走り回っていた新井。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

新井大輝
勝田貴元

モータースポーツの前後のコラム

ページトップ