Number ExBACK NUMBER

なぜトヨタはラリーを選んだのか。
その期待を担う2人の若きドライバー。 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2015/06/04 18:00

なぜトヨタはラリーを選んだのか。その期待を担う2人の若きドライバー。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

会見での新井大輝(左)と、勝田貴元。今後ふたりはフィンランドでトレーニングを受ける予定で、その後フィンランドやポーランドの国内選手権にスポット参戦するという計画もある。

軽トラックで山を走り回っていた新井。

 一方の新井は、免許を取得してから乗っていたのが軽トラックだったという。

「運転が好きで、ずっと山をドライブしたりして。友達に勧められて群馬の地区戦に出たんです。ひとりで走っていると、どのくらいのレベルなのかわかりませんが、他の人と一緒に走ることによって、自分がどこにいるのかわかって、本当に楽しい競技だなあって。ラリーのコ・ドライバーとの関係は、野球で言えばバッテリーみたいなもの。お互いに命を預けていることもあって、家族以上の関係なんです。そこに惹かれたってこともありますね」

 勝田より1学年下の新井だが、ラリー経験では一歩先をいく。一昨年にデビューし、昨年は全日本ラリー選手権に加えて、オーストリアの国内ラリー選手権にも2戦出場している。

新井「ラリーに対する考え方を変えないといけない」

「日本とまったく違うのは平均速度。だいたい120kmくらい出ているので、日本なら60m先を見ていればコーナーに対応できるのに、300~400m先を見ていないと体がコーナーに反応できないんです。国内なら反射神経だけでどうにかなる面が大きいのですが、海外だと、自分が気づいた時にはコースから外れて、車が何回転もしてしまうような状況でした。ラリーに対する考え方を変えないといけないと強く感じました」

 スタートを切ったばかりの2人だが、ドライバーとしての最終目標はもちろん、WRCに出場してチャンピオンになることだ。2017年のトヨタ参戦に間に合うかは、彼ら次第。王者・マキネンに加えて、WRC通算15勝のミッコ・ヒルボネンの指導のもと、彼らの挑戦は、まだ始まったばかりだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

新井大輝
勝田貴元

モータースポーツの前後のコラム

ページトップ