Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<ラグビーW杯に懸ける男たち>
大野均 「タフガイは三度立ち上がる」 

text by

鎮勝也

鎮勝也Katsuya Shizume

PROFILE

photograph byTadayuki Minamoto

posted2015/07/14 10:00

<ラグビーW杯に懸ける男たち> 大野均 「タフガイは三度立ち上がる」<Number Web> photograph by Tadayuki Minamoto
今や“最年長”となった偉丈夫が静かに燃やす闘志。
4月、彼は熾烈を極めるポジション争いに突入した。
ワールドカップでの勝利という、本物の勲章を求めて。

 長髪に刈り込んだあごひげ、瞳は漆黒だ。褐色の肌と相まって野性味があふれる。

 大野均。東芝に所属する36歳は、今年9月に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)イングランド大会の日本代表候補の中で、最年長になる。'04年5月16日の韓国戦での代表デビュー以来、12年間で積み上げてきたキャップ(日本代表としての試合出場数)は87。国内最多である。W杯には'07、'11年の2回出場した。

 192cm、105kgの大型ロックとして15人の肉体的、精神的主柱となる。勢いと鋭さを併せ持つプレースタイル。モールでは掴み押しの芯になり、ラックは頭から突っ込み、相手をはがす。

――今回、W杯メンバーに選出されれば、3大会連続になります。

「W杯は4年に1回です。実力もそうですが運もいる。特別な選手が行ける特別な場所。ぜひ選ばれたいですね」

――最年長です。引っ張っていかないといけない、という思いはありますか。

「ベテラン風を吹かしていてはダメです。練習でも率先してやらないといけません。常に100%出し切ることで、若手にもいい影響を与えられれば」

――エディー・ジョーンズは'12年の日本代表ヘッドコーチ就任当初、「大野は'15年にはいないでしょう。でも今の若いチームには必要だ」と言いました。その'15年です。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2365文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

イチロー主義2015

Sports Graphic Number 876

イチロー主義2015

 

大野均
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後の記事

ページトップ