SCORE CARDBACK NUMBER

輝き続けた“雑草魂”。長島圭一郎が見せた勇姿。
~バンクーバー五輪・銀の悔しさ~ 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byJMPA/Asami Enomoto

posted2015/05/16 10:30

輝き続けた“雑草魂”。長島圭一郎が見せた勇姿。~バンクーバー五輪・銀の悔しさ~<Number Web> photograph by JMPA/Asami Enomoto

ソチ五輪後には引退も考えたが、所属先の永 守重信会長の言葉で現役続行を決めたという。

 '10年バンクーバー五輪スピードスケート男子500mで銀メダルを獲得するなど、3大会連続の冬季五輪出場で日本の“お家芸種目”を引っ張ってきた長島圭一郎(日本電産サンキョー)が、昨季限りでの現役引退を発表した。

 W杯500mでは通算13勝。かつては1000mも強く、'09年に出した日本記録は今も破られていない。短距離2種目の総合で争う世界スプリント選手権でも'09年に銀、'10年に銅を獲得している。

 スケートの実力はもちろんのこと、開けっぴろげなコメントも魅力の一つだった。'14年ソチ五輪の代表発表が行なわれた'13年末の長野・エムウェーブ。長島は、飄々とした口調で言った。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

長島圭一郎
加藤条治
バンクーバー五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ