岩渕健輔、ラグビーW杯と東京五輪のためにBACK NUMBER

世界最強リーグに日本が入るまで。
スーパーラグビーは“魔法の杖”か。 

text by

岩渕健輔

岩渕健輔Kensuke Iwabuchi

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/04/23 10:40

世界最強リーグに日本が入るまで。スーパーラグビーは“魔法の杖”か。<Number Web> photograph by AFLO

日本人としてスーパーラグビーに初出場したハイランダーズの田中史朗。世界最高峰のレベルを経験することは、選手としての成長を飛躍的に加速させる。

Jリーグクラブが、欧州CLに参戦するようなもの。

 従来の日本ラグビー界は、他の競技に比べて国際化の分野で遅れを取っていた側面もありました。

 しかしスーパーラグビーへの参戦は、日本のスポーツ界全体に対しても革命的なインパクトを与える可能性を秘めています。サッカーに喩えるなら、Jリーグのクラブチームが欧州チャンピオンズリーグに正式に参戦するだけでなく、国内においても定期的に試合が開催されるのと同じことが起こるのです。このような強化の仕組みを導入した競技は、かつて存在しませんでした。

 とはいえ、スーパーラグビーへの参戦は1つの手段に過ぎません。日本のラグビー界が真の成功を収めるためには、自分たちに千載一遇のチャンスが訪れていることをすべての関係者が認識し、新たな枠組み作りを前向きに進めていく作業が必要不可欠になります。

 実際問題、2016年に参戦が始まるまでにはトップリーグとの日程調整や選手のコンディション管理、ひいてはトップリーグの位置づけをどう考えるのかといった議論も必要になってくるでしょう。そしてトップリーグ以上に改革の必要性が説かれてきた大学ラグビーにも、スーパーラグビーは影響を及ぼします。

 スーパーラグビーが日本のラグビー界に与えるインパクトは、黒船にも喩えられるかもしれません。しかし様々な余波の影響を差し引いても、スーパーラグビーに参戦するメリットの方がはるかに大きいと、私は確信しています。

 日本ラグビーの未来を拓き、桜のジャージを身に纏った選手を世界の頂点に押し上げていく。その崇高な目標を達成すべく、私たちはスーパーラグビーという黒船に乗り込み、勇気と不退転の覚悟を持って大海原へ漕ぎ出していかなければならないのです。

(取材・構成=田邊雅之

コメント

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

岩渕健輔

ラグビーの前後のコラム

ページトップ