SCORE CARDBACK NUMBER

8強進出した男子セブンズ、五輪に向け強化加速を。
~ワールドシリーズ接戦で得た感触~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byShinji Akagi

posted2015/04/25 10:30

8強進出した男子セブンズ、五輪に向け強化加速を。~ワールドシリーズ接戦で得た感触~<Number Web> photograph by Shinji Akagi

今後は9月開幕のW杯まで15人制に専念する藤田慶和(21)。早大では最終学年を迎える。

 意外とやれるじゃないか。そう思ったファンもいたのではないか。4月4~5日の2日間、秩父宮ラグビー場で開催された男子セブンズワールドシリーズ(WS)東京大会で、日本代表はアルゼンチン、サモア、フランスと争ったプール戦を1勝1敗1分で通過し、15年ぶりに8強進出を果たしたのだ。

 WS全大会に出場できるコアチームに昇格を果たした今季、ここまでの6大会はシリーズポイントわずか「7」の15カ国中最下位。来季は降格の危機に瀕していただけに、ホームで見せてくれた頼もしい姿にファンは胸をなで下ろした。

 大会2日目はセブンズ王国フィジーに完敗し、スコットランドにも惜敗したが、今季最多のポイント「10」を獲得。14位ポルトガルとの差は大会前の「15」から「8」まで縮んだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 597文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

イチロー主義2015

Sports Graphic Number 876

イチロー主義2015

 

関連記事

藤田慶和
瀬川智広
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

ラグビーの前後の記事

ページトップ