オリンピックへの道BACK NUMBER

今週末の織田記念、9秒台は出るか!?
桐生祥秀&「高速トラック」の爆発力。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAP/AFLO

posted2015/04/16 10:30

今週末の織田記念、9秒台は出るか!?桐生祥秀&「高速トラック」の爆発力。<Number Web> photograph by AP/AFLO

「テキサス・リレー」での桐生。その後の国内初となる織田記念に向けての抱負を聞かれると「(9秒台を)重圧の中で出してこそ、トップアスリート」とコメントした。

「楽しんで自分の走りをすれば結果はついて来る」

 2013年の桐生がそうだし、近年では2010年に女子100mで福島千里が11秒21(追い風1.7m)の日本新記録をマークしている。2012年には山縣亮太が予選で10秒08(追い風2.0m)の自己ベスト(当時)をマークしてロンドン五輪代表選考基準のA標準を突破した。

 また、ロンドン五輪代表の市川華菜が11秒43の自己ベストを出したのも2011年のこの大会だったし、やはりロンドン五輪代表の高瀬慧の自己ベスト10秒13も2014年の織田記念である。ちなみに高瀬も今回の織田記念に出場する。桐生とともに、大会で楽しみな選手だ。

 周囲の注目が集まる中で、桐生も期待を自覚する。

 4月5日には、こうコメントしている。

「期待されている中で出さないとトップアスリートとはいえない。楽しんで自分の走りをすれば結果はついて来る」

 公認記録としての9秒台に挑戦する舞台は、2013年の10秒01以降、記録を伸ばせずにいた桐生が、成長をたしかなものとする場である。

 そして6月の日本選手権、さらにその先へと駆け上がっていく第一歩でもある。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3
桐生祥秀
福島千里
山縣亮太
高瀬慧
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ