Number on NumberBACK NUMBER

マラソンと箱根駅伝。
~五輪代表選手との関係性~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/04/14 10:00

マラソンと箱根駅伝。~五輪代表選手との関係性~<Number Web> photograph by AFLO

箱根駅伝で「元祖・山の神」として活躍した今井正人。30歳で迎えたマラソン10レース目となる今年の東京マラソンで好記録を出し、世界陸上マラソン代表に内定した。

 今夏の世界陸上選手権、男子マラソンの代表が決まった。選考レースの結果から見れば、東京マラソンで2時間7分39秒を出した今井正人(トヨタ自動車九州)だけが評価に値する成績だった。

 福岡国際で日本人トップの藤原正和(Honda)は2時間9分06秒(辞退を含め通算3回目の世界陸上代表に決定)、東京マラソン日本人2位の佐野広明(Honda)は2時間9分12秒、そして雨の中、びわ湖毎日で日本人トップの前田和浩(九電工)は2時間11分46秒(通算4回目の世界陸上代表に決定)。社会人8年目、「元祖・山の神」の今井が花開いたことは明るいニュースだが、それ以外の候補は、選考レースの結果があまりにも平凡だった。世界クラスのレベルがどんどん上がっている中で、日本選手のレベルが停滞しているという状況は、ほとんど変わっていないと言える。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1235文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<創刊35周年記念号>日本サッカーへの提言。
今井正人
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ