JリーグPRESSBACK NUMBER

等々力最多の観客が求めたものは?
川崎と浦和の“殴り合わない”選択。 

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2015/04/13 11:35

等々力最多の観客が求めたものは?川崎と浦和の“殴り合わない”選択。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

J1でも確固たるスタイルを持つクラブである2クラブの対決は、常に激しい戦いになる。今季も上位を争う2クラブだけに、2ndステージの埼玉スタジアムでの対決も楽しみだ。

やはりこの2クラブならば、“殴り合い”が見たい。

 追加点自体は狙うが、撃ち合う必要はないと考えた川崎。

 序盤は引き気味に、そしてビハインドになって以降はリスクを冒した浦和。

 今までのように自分たちの良さを出し切るだけでなく、相手を見て試合を運ぶ。オープンではないが、お互いの思惑に面白さを感じるゲームだった。もちろん、相手に寄せられても巧みにいなすパス回しなど、両チームの基本的なプレーレベルの高さがあってこそ成り立っているのだが。

 技術、フィジカル、そして頭の体力も非常に使う2クラブ。セカンドステージでの直接対決は現時点で11月7日の予定となっている。リーグ戦も最終盤ということもあり、再びこの日のような膠着した戦いになるのか、それとも――。

「ウチのホームの時は、全く違う戦い方になると思います」

 槙野の言葉だ。

 今回両チームは、負傷で川崎は小林悠と杉本、浦和は興梠というスコアラーを欠いていた。

 次戦は役者、戦略すべての条件がそろった上での“殴り合い”を所望してしまうのは、野暮だろうか。

関連記事

BACK 1 2 3
川崎フロンターレ
浦和レッズ
風間八宏
ミハイロ・ペトロヴィッチ

Jリーグの前後の記事

ページトップ