松山英樹、勝負を決める108mmBACK NUMBER

マスターズ初日は1アンダー18位発進。
松山英樹が語った唯一の後悔とは? 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/04/10 11:30

マスターズ初日は1アンダー18位発進。松山英樹が語った唯一の後悔とは?<Number Web> photograph by AFLO

初日を1アンダーの18位で終え、まずは予選突破に向けていいスタートを切った松山英樹。4度目の出場となるマスターズでも、新参者というよりも上位を争う選手に成長した。

初日に残した1つの後悔と、残り54ホール。

「フェアウェイに行くにこしたことはないけど、そんなに捉え続けるのは難しい。今日は上がりのパーパットが入らなかったというだけ。明日から入るようにできたらいい」

 100%はあくまでも理想であり、直面する現実は状況次第で千変万化。フェアウェイを外すことはままあるのだから、ティショットのミスは許容もできる。

 だが、そこからリカバリーしてパーを拾えるところまで挽回しかけていたのに、17番でも18番でも短いパーパットを沈められなかったこと。それが、マスターズ初日の松山の唯一の「後悔」になった。

 けれど、あと3日間チャンスが残されている。あと54ホール、十分なチャンスが残されている。初日の後悔を持ち越さないことが、明日からの松山の「いつも通り」を可能にしてくれる。

「マスターズに出るみんなに優勝のチャンスがある。みんなここで勝つために、しっかり準備して、ここへくる。(自分も)それができるように、明日からもしっかりやりたい。万遍なく練習して、明日からは(パーパットが)入るようにできたらいい」

 そう、ここで勝つために――松山は今日の後悔を克服し、明日の2日目に挑む。

関連記事

BACK 1 2 3 4
松山英樹
マスターズ

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ