松山英樹、勝負を決める108mmBACK NUMBER

松山英樹が珍しく見せた「困った顔」。
23歳が探す、大人と子供の最適比率。 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/03/25 10:35

松山英樹が珍しく見せた「困った顔」。23歳が探す、大人と子供の最適比率。<Number Web> photograph by AFLO

今季のトップ10入り回数でツアー首位に立つ松山英樹。パワーランキング(試合ごとの優勝予想順位)で上位の常連となった彼も、まだ23歳。スタイルを定めるのはまだ少し先でいい。

松山の心は、想像以上に揺れているのかもしれない。

 松山が、またまた小声で呟いた。

「このごろ、フルショットがわからなくなってきているっすよ」

 えっ? 何それ? どう意味?

「いやあ……だから……フル……ショット」

 石垣に腰を降ろしたまま、上体を軽く回してショットする真似をしながら「だから……フル……ショットっすよ……」

 彼のその言葉が、またまた胸に刺さった。松山の心は想像以上に揺れているのかもしれない。

全力投球と大人の智恵の比率という問題。

 今、彼は大きな過渡期にある。それは子供から大人へ、米ツアー挑戦者から世界の頂点へ、渡りゆくための橋でもある。

 橋の手前にいるのも対岸にいるのも、どちらも松山英樹だが、手前側は全力投球で出来上がっている子供に近い松山で、対岸側は少しばかり力を控えた分、代わりに大人としての知恵や一流選手としての責任を加え、それで出来上がっている大人の松山。

 彼は今、その橋の上を行ったり来たりしながら、心技体すべてにおいて、何をどのぐらい増減させるべきか、その比率の割り出しに悩んでいる。

 けれど、心配することはない。橋から落ちさえしなければ、橋の上のどこに居ても彼は松山英樹であり続ける。おまけにその橋は、メジャーで勝ちたい、マスターズで勝ちたいという強い渇望でしっかりと固められた頑丈な橋ゆえ、崩れ落ちることもない。

「自分にとってのフルショットは、これからボチボチ、見つけていけば、いいよ」

 そう言おうとしたけれど、言ってどうなるものでもなし。下手な慰めを言わなくても、彼は自力でそうするはず。

 そう信じて、飲み込んだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
松山英樹

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ