欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

500人中、アジア人は藤田俊哉1人。
オランダで日本人が教える意味と壁。 

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2015/03/13 10:45

500人中、アジア人は藤田俊哉1人。オランダで日本人が教える意味と壁。<Number Web> photograph by Kyodo News

現役時代にオランダのユトレヒトでプレーした経験も持つ藤田俊哉。かつて日本代表監督への意欲を示したこともあり、指導者としての成功が楽しみだ。

日本人にサッカーを指導されることに違和感も?

 現在藤田が置かれている立場が、必ずしも不平等だというわけではない。ただ、全てのことが公平に保たれているかと言えば、そうとも言えない。正直、彼がサッカー強国出身の指導者であれば、監督へのハードルはもう少し低くなるかもしれない。そうした、人を見る時の“印象”とは、この世のどこでも必ず存在するもの。それを否定するのは綺麗事だろう。

 藤田俊哉という一人の指導者としては、周囲に少しずつ認められつつある。しかし、オランダ人選手の中には、もしかしたら日本人にサッカーを指導されていることに、まだ不思議な感覚を持っている者もいるかもしれない。

「地道な作業」と、藤田は言った。日本人指導者が、彼の国で認められるために。嘆いている暇などないことは、本人が誰よりも自覚している。設定した大きな目標に向かって、やるべきことは山ほどある。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
藤田俊哉
VVVフェンロ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ