Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<黄金世代対談>
稲本潤一×小野伸二
「僕ら35歳のサッカー少年。」 

text by

細江克弥

細江克弥Katsuya Hosoe

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2015/03/13 11:50

<黄金世代対談> 稲本潤一×小野伸二「僕ら35歳のサッカー少年。」<Number Web> photograph by Asami Enomoto
黄金世代の中心を担い、欧州で、日本代表で活躍した
ベテランたちが、J2・札幌の地で新シーズンを迎える。
初めて同じクラブで戦う2人が、サッカー観を語りあった。

3月5日に左ひざ半月板損傷の手術を行なった小野伸二。
天才の1日も早い復帰が待たれる中、873号の特集記事を公開します!

 1979年度に生を受けたいわゆる“黄金世代”の存在感は、今も日本サッカー界の中心にある。日本代表MFの遠藤保仁はガンバ大阪の司令塔として昨季3冠を達成し、小笠原満男は鹿島アントラーズの象徴的存在として健在ぶりを誇示。同じく鹿島の本山雅志もSC相模原の高原直泰も、それぞれの場所でユニフォームを纏い、新たなシーズンを迎えようとしている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3901文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

稲本潤一
小野伸二
北海道コンサドーレ札幌

Jリーグの前後の記事

ページトップ