沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

フェブラリーS連覇のコパノリッキー、
歴代の名馬と共通する“ある行動”。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2015/02/23 11:25

フェブラリーS連覇のコパノリッキー、歴代の名馬と共通する“ある行動”。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

最低人気だった昨年とは対照的に、1番人気を背負って横綱相撲でレースを制したコパノリッキー。武豊騎手は2003年ゴールドアリュール、2006年カネヒキリ、2008年ヴァーミリアンについでこのレース4勝目を挙げた。

歴代の名馬に共通する“ある行動”とは?

 昨年、ホッコータルマエとは4戦して2勝2敗だったが、ここ2戦のチャンピオンズカップと東京大賞典では大きく離されて敗れている。「打倒ホッコータルマエ」を実現させるため、今年に入ってから、体重を増やしながらパワーアップさせる仕上げを施してきたが、この日の馬体重は前走からマイナス2kgの536kgだった。

「本当はもっと体重を増やして、トモの推進力を強くしたかったのですが、馬が自分で体重を調整したのかもしれません」

 強い馬はレースに向けて自分で体をつくるというが、現時点では、コパノリッキー自身が走りやすく感じるのはこのくらいの体ということなのか。

 村山調教師ほど強く意識していたわけではないが、武も、「ホッコータルマエのいないところで負けるわけにはいかない」という気持ちだったという。

「父のゴールドアリュールでもこの馬でも勝てたことが嬉しい。強い馬です。フェブラリーステークスを連覇したわけですから、ダート界を引っ張っていきたい」

Dr.コパ氏「ブリーダーズカップ参戦も考えている」

 今年最初のJRA・GIを制したことに関しては「やはり気持ちいいですね。去年勝てなかったので、一発目で結果を出すことができてほっとしました。今年はもっともっと頑張っていかなければと思っています」と笑みを見せた。一昨年のマイルチャンピオンシップ以来のJRA・GIタイトルだった。

 村山調教師によると、コパノリッキーの次走は、昨年制した5月5日のかしわ記念(4歳以上統一GI、船橋ダート1600m)になるとのこと。その後の具体的プランは未定だが、秋のチャンピオンズカップで昨年の雪辱を果たすことを目標にするという。ホッコータルマエとの再戦が実現するのはそのときか。

 また、Dr.コパ氏は、来年、アメリカのブリーダーズカップ参戦も考えている、と夢を語った。

 ダート王の今後が、ますます楽しみになった。

関連記事

BACK 1 2 3
コパノリッキー
武豊

競馬の前後の記事

ページトップ