SCORE CARDBACK NUMBER

「無事是名馬」を全うした“ジェン子”と厩務員の絆。
~GI7勝の名牝を支えた名人芸~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2015/02/08 10:30

「無事是名馬」を全うした“ジェン子”と厩務員の絆。~GI7勝の名牝を支えた名人芸~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

有馬記念後の引退式典でジェンティルドンナを引く日迫厩務員(右)と井上泰平調教助手。

 3年1カ月10日の競走生活で19戦10勝(未勝利戦の勝利以外はすべて重賞。うち7つがGIのビッグタイトル!)の大成果をあげた、名牝ジェンティルドンナ('09年生まれ、父ディープインパクト、母ドナブリーニ、栗東・石坂正厩舎)が、3歳シーズンに獲得した年度代表馬の栄誉を、5歳シーズンでもう一度取り返したことを花道として、無事に現役を引退。生まれ故郷のノーザンファームに帰って繁殖牝馬となった。

 獲得賞金は、4歳時と5歳時に2度遠征したドバイシーマクラシック(2、1着)で稼いだ分を日本円に換算した金額を含めて、17億2603万400円。これはテイエムオペラオー(26戦で18億3518万余円)には届かなかったものの、オルフェーヴルが21戦で稼いだ15億7621万余円を抜いての史上2位。牝馬としてはもちろんトップの数字を歴史に刻み込んだ。記録をあげていくのはキリがないほどだが、牝馬クラシック3冠、ジャパンカップ連覇、ドバイでのGI、有終の有馬記念と積み重ねたGIタイトル7個は歴代首位タイ。シンボリルドルフ、テイエムオペラオー、ディープインパクト、ウオッカに次ぐ5頭目と書き出せば、まさに歴史的な名牝だったことが伝わるだろう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 407文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ジャパンクライシス~日本サッカーはなぜ弱くなったのか~

関連記事

ジェンティルドンナ

競馬の前後の記事

ページトップ