SCORE CARDBACK NUMBER

横峯さくらが米ツアーで活躍するために必要な事。
~技量の幅、言葉の壁を越えて~ 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byTaku Miyamoto

posted2015/02/06 10:00

横峯さくらが米ツアーで活躍するために必要な事。~技量の幅、言葉の壁を越えて~<Number Web> photograph by Taku Miyamoto

昨年、メンタルトレーナーの森川陽太郎氏と結婚した横峯。心機一転で新しい環境に挑む。

 横峯さくらが2015年シーズンから米女子ツアーに挑戦している。昨年12月にファイナルQT(クォリファイング・トーナメント)に合格。いよいよスタートという今年の初戦がコーツ・ゴルフ選手権のはずだった。

 ところが、QTの順位が11位だった横峯は、この大会では予選会からのプレーとなった。本戦出場枠は上位2名。2位以内に入れず、ウエイティングリスト5番目となり、欠場者が出なかったために出場できず。初戦から米ツアーの厳しさをまざまざと味わわされた。

 横峯の参戦で米女子ツアーでプレーする日本人は宮里藍、宮里美香、有村智恵、上原彩子、野村敏京の6人となった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 602文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ジャパンクライシス~日本サッカーはなぜ弱くなったのか~

関連記事

横峯さくら
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

女子ゴルフの前後の記事

ページトップ