Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<世界No.1コーチが明かす>
ブライアン・オーサー「ユヅルは“屈辱”から多くのことを学んだ」 

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph byTakao Fujita

posted2014/12/30 11:30

<世界No.1コーチが明かす>ブライアン・オーサー「ユヅルは“屈辱”から多くのことを学んだ」<Number Web> photograph by Takao Fujita
2大会連続でオリンピック金メダリストを育てた名指導者は、苦悩する愛弟子をどのように頂点へと導いたのか。

「今季のシーズン後半は、結弦が王者であることの証明をするための時間になるでしょう」

 羽生結弦をソチ五輪王者へと導いたブライアン・オーサーは自信を持ってこう語る。

 11月の中国GPでの衝突事故からわずか1カ月、羽生は会心の演技でGPファイナル連覇を達成した。絶対王者ともいえる強さの秘訣を師であるオーサーが明かしてくれた。

 日本中を驚かせたのは、衝突事故後、迷わず“出場”を選んだ師弟の決断だった。

「中国GPは、もし私が選手だったとしても出場したでしょう。王者になる素質の選手というものは、自分が競技できる限り“戦う心”は失わないものです。結弦もまさにそういう性格です。脳震盪であればもちろん棄権させましたが、現地にいたドクターの診察を受け『脳震盪ではない』という診断で、結弦も『頭は打ってない』と言って、意識もはっきりしていました。彼のファイトを誇りに思いますし、出場させたことは後悔していません」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2312文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ブライアン・オーサー
羽生結弦

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ