野ボール横丁BACK NUMBER

島袋洋奨が語る「原因不明の不調」。
甲子園の伝説と、復活への道のり。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byKei Nakamura

posted2014/12/20 10:40

島袋洋奨が語る「原因不明の不調」。甲子園の伝説と、復活への道のり。<Number Web> photograph by Kei Nakamura

現在の島袋洋奨は中央大学の4年生。春には卒業を控え、その後には待ちに待ったプロでの生活が始まる。

ドラフト直前に「何位でもプロにいく」。

 今年11月、ドラフト会議を目前に控えた島袋は、当初は「3位(指名)以上でなければ社会人野球へ進む」と話していたが、直前で「何位でもプロへいく」と思い直した。

「プロに行くために大学に来たので」

 指名されるかどうか不安で仕方なかったという島袋は、指名を受けた瞬間、「ホッとしました」と人目もはばからず涙を流した。

 プロではすでに39番を背負うことが決まっている。

「ありがとうの番号だと思いましたね。サンキューですから。指名してくれて、本当に感謝です」

 一度染みついた投げることへの恐怖心は、容易に払拭できるものではない。しかし島袋は意外なほど明るかった。4年秋に信頼できるトレーナーと出会い、ようやく光が見えてきたのだと話す。

「基本的な体の動きを改めて見直してもらった。そうしたらシーズン終盤、いいときの指のかかりを思い出したんです」

 大学時代の通算成績は12勝20敗に終わった。島袋の力は、こんなものではないはずだ。

 島袋の復活を心待ちにしている人はたくさんいる。沖縄の人たち、高校野球ファン、ソフトバンク関係者等々。しかし、誰よりも待っているのは島袋であろう。

関連記事

BACK 1 2 3
島袋洋奨
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後の記事

ページトップ