SCORE CARDBACK NUMBER

島袋洋奨が掴んだ再生への手応え。
~甦れ、春夏連覇の“トルネード”~ 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph byKei Nakamura

posted2014/12/22 10:00

島袋洋奨が掴んだ再生への手応え。~甦れ、春夏連覇の“トルネード”~<Number Web> photograph by Kei Nakamura

代名詞の“トルネード”を、プロでも貫くという島袋。制球力を取り戻すことはできるか。

 このオフ、ホークスには甲子園で春夏連覇を達成した優勝投手が、同時に2人、加わった。1人はご存じ、松坂大輔。もう1人は島袋洋奨である。

 4年前、興南のエースとして偉業を成し遂げた島袋は、中大に進んだ。甲子園で修羅場をくぐり抜けてきたサウスポーは、1年の春からイニング数を越える三振を奪って力を見せつける。しかし詰めの甘さから勝負どころで失点を喫し、思うように勝ち星を稼げなかった。

 迎えた2年の春。

 開幕戦の先発を任された島袋は、東洋大との延長15回の試合を1人で投げ切って、勝利をもぎ取った。奪った三振は21、球数は226球に達した。そしてこの後、島袋は左ヒジに違和感を訴える。彼は当時の思いを、こう振り返った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 606文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

Face of 2014~写真で振り返る2014年総集編~

関連記事

島袋洋奨
福岡ソフトバンクホークス
松坂大輔

プロ野球の前後の記事

ページトップ