オリンピックPRESSBACK NUMBER

20歳の北島康介と20歳の萩野公介。
五輪、メダル、そして世界記録――。 

text by

田坂友暁

田坂友暁Tomoaki Tasaka

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/12/17 10:40

20歳の北島康介と20歳の萩野公介。五輪、メダル、そして世界記録――。<Number Web> photograph by AFLO

アジア大会では金4個を含むメダル7個でMVP、パンパシ水泳では金2個を含むメダル5個。萩野公介が歩む前人未到の道は、五輪の頂上まで続いているのだろうか。

得意種目「水泳」を萩野はどう語ったか。

 20歳の北島と同じように、自らイバラの道に足を踏み入れた20歳の萩野に、得意種目である「水泳」をどう捉えているか聞くと、少し考えてからこう話した。

「水泳を通じていろんなことを教えてもらったり、弱い気持ちを鍛えてもらったりしていますし、新たな友人と知り合うこともできました。水泳は、ただ純粋に泳ぐことだけじゃないのかなって気がしています。

 水泳を通じて得た経験、知識、人間力とか、そういう人間的な部分というのが、引退してからの自分に影響を与えると思っています。ただ泳ぐだけでは魚には勝てないですから(笑)。そういうことなんじゃないかなって。頑張る過程において、何を得られるのかがいちばん重要なんじゃないかなって思っています」

 20歳の北島が達成した世界記録樹立という快挙は、萩野にはまだ達成していない。しかし萩野が20歳の今年、アジア大会で複数種目で4冠を果たし、出場した7種目すべてでメダルを獲得したという快挙は、北島には成しえなかったことだろう。

 ある意味では北島を超えているとも、ある意味では北島を超えていないとも言える。だがそれは、あくまで形として見える結果でしかない。既成概念にとらわれず、かつて北島がそうしたように、20歳の萩野は今、日本水泳界に新しい軌跡を残そうとしている。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

萩野公介
北島康介
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ