SCORE CARDBACK NUMBER

「ベストアワード」に輝く王者・ハミルトンの“進化”。
~今宮純の2014年・F1アワード~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/12/17 10:00

「ベストアワード」に輝く王者・ハミルトンの“進化”。~今宮純の2014年・F1アワード~<Number Web> photograph by Getty Images

2014年最終戦アブダビGPで勝利、2008年に史上最年少でチャンピオンになって以来2度目の王座を獲得したハミルトン。

 レギュレーション大改革の今年、1600cc直噴V6ターボのパワーユニット(PU)を3年前から開発してきたメルセデスが新時代を切り拓いた。19戦16勝の強さは、シャシーの完成度とPUの回生パワー&トルク性能の証明。名門メーカーチームの2冠制覇は、’07年フェラーリ以来の快挙である。

 さて年末恒例の「アワード」だが、今年は悩むことなく決まった。最多11勝の王者ハミルトンは勝ったレースよりも、むしろ中盤戦に後方から粘り強く追い込んで3位を得たドイツ、ハンガリーGPで進化を感じさせた。6年も間を置き、異なるチームで2度目の戴冠を達成した例は少なく、速さで押しまくるスタイルからの脱却が勝利の鍵だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 621文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

Face of 2014~写真で振り返る2014年総集編~

関連記事

ルイス・ハミルトン
メルセデスAMG
ニコ・ロズベルグ

F1の前後の記事

ページトップ