スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

FAの動向と投高打低の変質。
~レッドソックスが岩隈を狙う理由~ 

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/11/29 10:40

FAの動向と投高打低の変質。~レッドソックスが岩隈を狙う理由~<Number Web> photograph by AFLO

日米野球にも参加したマリナーズの岩隈久志。2013、2014年で計29勝を挙げた右腕を、レッドソックスがトレードで獲得するとの報道も出ている。

レッドソックスの岩隈狙いは正解といってよい。

 それを思うと、レッドソックスが、FAの目玉といわれるマックス・シャーザーやジェームス・シールズに大枚をはたく構えを見せず、マリナーズの岩隈久志をトレードで獲得しようとする姿勢を覗かせているのは、正解といってよいのではないか。ダルビッシュ有も提言していたことだが、「中5日もしくは6日」の先発パターンが採用され、「クォリティ・スタートの条件を満たせば十分」という考え方が優位に立てば、圧倒的な先発投手をそろえようとする動きは下火になっていくはずだ。2014年、先発陣が豊富といわれたナショナルズやドジャースが意外にもろく、地味な先発投手の多いパイレーツがなかなかの健闘を見せたことも、この傾向に拍車をかけるかもしれない。

 ただ、そこを考慮してもレッドソックスの投手陣は弱体だ。抑えの上原はあまりにも高齢だし、中継ぎにもあと2枚ほどは強力な駒が欲しい。宿敵ヤンキースも同じ悩みを抱えているが、とりあえずはウィンター・ミーティング(12月8日。サンディエゴ)のなりゆきに注目してみたい。

関連記事

BACK 1 2 3
ボストン・レッドソックス
パブロ・サンドバル
ハンリー・ラミレス

MLBの前後の記事

ページトップ