SCORE CARDBACK NUMBER

データ派か、旧スタイルか、メジャー最新GM事情。
~現場主導の叩き上げで再建を~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/12/01 10:00

データ派か、旧スタイルか、メジャー最新GM事情。~現場主導の叩き上げで再建を~<Number Web> photograph by Getty Images

現役時代は5チームで投げ、1995年に引退後はコーチとして3球団を渡り歩いた「叩き上げ」。

 選手のみならず、球団首脳でさえ目まぐるしく代わるメジャーでは、今オフ、6球団で新たにGM(ゼネラルマネジャー)が就任した。2011年、アスレチックスのビリー・ビーンGMのデータ戦略が、「マネーボール」として映画化されたこともあり、近年はセイバーメトリクスなどの細かいデータを重視する風潮が一気に広がった。

 日米を問わず、チームが勝つための手段に、明確な答えはない。だが、ドジャースがレイズGMのアンドリュー・フリードマン氏を社長格として招聘。さらに、MIT(マサチューセッツ工科大)出身の秀才で、アスレチックスのデータ部門を統括していたフォーハン・ザイディ氏を新GMとして迎えるなど、頭脳明晰な若きエグゼクティブが、続々とメジャー各球団の中枢を担う傾向が強くなったことは、今や否定のしようがない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 564文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ザックジャパンの遺産。~「通訳日記」で読み解く14の教訓~

関連記事

ビリー・ビーン
フォーハン・ザイディ
デーブ・スチュワート

MLBの前後の記事

ページトップ