SCORE CARDBACK NUMBER

世界柔道3連覇達成、海老沼匡が目指すもの。
~軽量級No.1のあくなき姿勢~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/09/14 10:30

世界柔道3連覇達成、海老沼匡が目指すもの。~軽量級No.1のあくなき姿勢~<Number Web> photograph by AFLO

決勝では、地元ロシアのミハイル・プリャエフと対戦。開始2分足らずで内股で一本勝ち。

 8月26日、ロシア・チェリャビンスクで行なわれた柔道の世界選手権66kg級で海老沼匡(まさし)が優勝した。2011年から同大会3連覇である('12年は五輪のため開催なし)。日本男子では山下泰裕、井上康生らに続く5人目、軽量級では初という事実がその価値を物語る。

 印象的だったのは準々決勝だ。海老沼は最大の難敵ザンタラヤを相手に積極的に攻め続け、技ありを奪う。ところがその判定が覆り、ポイントなしとされる。それでも落ち着いて戦い抜き勝利。続く試合でも安定した柔道を見せた。

 海老沼はロンドン五輪では3位に終わっている。大会後、行き着いた敗因は心の安定感だった。旗判定にもつれた準々決勝では一度は相手に旗が上がったもののやり直しとなって結果が覆り、場内は騒然とした。その動揺を準決勝に引きずったことが響いたと捉えた。それを思えば、まぎれもなく成長を見せたのが準々決勝以降の戦いぶりだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 497文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本サッカー再生計画。

Sports Graphic Number 860

日本サッカー再生計画。

 

関連記事

海老沼匡
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後の記事

ページトップ