野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

野球芸術家の卵たちが集結。
「がんばれ! 日本橋ベアーズ」 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph byHidenobu Murase

posted2014/08/26 10:30

野球芸術家の卵たちが集結。「がんばれ! 日本橋ベアーズ」<Number Web> photograph by Hidenobu Murase

展覧会の告知フライヤー。ながさわ画伯の画力は依然健在である。

グループ展のスターティングラインナップは。

 8月16日。

 ながさわたかひろが監督に就任して迎えるはじめてのグループ展「ながさわたかひろ leads がんばれ! 日本橋ベアーズ特訓中」が初日を迎えた。

 ながさわ監督は言う。

「今回のグループ展は俺は監督に徹しよう、だから前に出るのは極力避けようと思っていましたけど、もう僕が引っ張らないとしょうがないところもあるので、やりましたよ。ただ、この1カ月で5人の子たちが真剣に向き合って作った作品もそれぞれ、自分なりの“野球”をできたんじゃないかなと思いますよ」

 1カ月前の結成日には雷を落としたオーナーの寺嶋さんも満足そうだ。

「あの時は怒ってしまったけど、こうして集まったものをみると、彼女たちそれぞれが、自分の中にある野球の一番面白い、楽しい部分を、それぞれの感性というもので、違ったアプローチで捉えている。面白いグループ展になったと思います」

 それでは、お待たせいたしました。グループ展「日本橋ベアーズ」の公式戦第1戦スターティングラインナップを紹介する。

 

1番 堀岡暦(代打○○○ コラージュ)
野球芸術女子大生ユニット「代打○○○(スリーボール)」の切り込み隊長。写真を使い、グラウンドとスタンド、人と人など“境界線”をテーマにした作品を展示。

 

2番 清水はるか(イラスト)
都立高校の野球部に所属していた元女子高校球児イラストレーターの作品は、「スタジアムへようこそ」と題されたパ・リーグ6球団の選手とマスコットをコラージュした作品を展示。

3番 千葉敏子(リトグラフ)
現在も草野球を続ける美大生は、自分の過去の思い出の中にあるグラウンドの一場面をリトグラフで再現。

 

4番 阿良田蓉(代打○○○ 水彩画)
野球芸術界の未完の大器との呼び声も高い、幻想的ともいえる野球場にまつわるファンタジーを描き出した絵画作品を展示。

 

5番 mana*(代打○○○ ペン画)
同じく代打○○○から。12球団を動物化したペン画作品から、セ・リーグの動物6匹(兎・虎・竜・鯉・ハムスター・ツバメ)を展示。

 

監督 ながさわたかひろ
野球女子をテーマにした「ぬりえ」。山本昌パネル。日本橋ベアーズ帽子やらを制作。

【次ページ】 「ヤクルトの絵を描いていて、12球団いたらいいなって」

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
東京ヤクルトスワローズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ