詳説日本野球研究BACK NUMBER

社会人野球の育成力は半端じゃない!
都市対抗で見つけた2人の好素材。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph bySPORTS NIPPON

posted2014/08/01 10:50

社会人野球の育成力は半端じゃない!都市対抗で見つけた2人の好素材。<Number Web> photograph by SPORTS NIPPON

7月27日の準々決勝、対日本新薬戦に7回途中から登板、1回1/3を完璧に抑えた富士重工業の石崎剛。無名の高校で投げていた頃から注目されていた才能が、ようやく花開こうとしている。

先達に続く社会人選手は誰か。

 2位以下ではパ・リーグが浦野博司(セガサミー→日本ハム2位)、森唯斗(三菱自動車倉敷オーシャンズ→ソフトバンク2位)の活躍が目立つ。浦野は4勝2敗、森は29試合に登板し1勝0敗、防御率1.64と健闘し、セットアッパーとして勝利の方程式に名を連ねている。

 セ・リーグでは野手の田中広輔(JR東日本→広島3位・内野手)と投手の三上朋也(JX-ENEOS→DeNA4位)が一軍戦力として欠かせない戦力になっている。とくに三上はチームの守護神として40試合に登板し、13セーブを挙げている。セ・リーグの新人王候補ナンバーワンと言っていいだろう。

 彼らに続く選手は誰だろう。早くからドラフト1位候補と言われてきた吉田や石川のようなスター性のある選手は少なく、ある日突然頭角を現した森、三上タイプが今年は多い。前述した石崎と狭間はその代表的選手と言っていい。

 2人以外では三菱日立パワーシステムズ横浜の左右本格派、福地元春と野村亮介、Honda鈴鹿の補強選手として活躍した竹下真吾(ヤマハ・投手)、さらに新人投手の猿川拓朗(日立製作所から富士重工業に補強)、小野和博(富士重工業)が将来に楽しみを残した。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6
佐伯幸三
西郷泰之
石崎剛
狭間正行
大瀬良大地
川満寛弥
佐々木勉
福地元春
野村亮介
竹下真吾
猿川拓朗
小野和博
西村凌

プロ野球の前後の記事

ページトップ