ブラジルW杯通信BACK NUMBER

怪物ではなく「当たり前」の徹底!
ドイツの優勝を、日本のモデルに。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/07/15 12:10

怪物ではなく「当たり前」の徹底!ドイツの優勝を、日本のモデルに。<Number Web> photograph by Getty Images

ドイツの選手たちが徹底したハイレベルな「当たり前」のプレーの連続が、強烈な「個」を擁するアルゼンチンを凌駕した。その姿は、日本にとってもお手本になるのではないだろうか。

この舞台で勝つ日本を、4年後は観たい。

 決勝戦終了からおよそ5時間後の7月13日23時30分過ぎ、エスタディオ・ド・マラカナンのメディアセンターにアナウンスが流れた。メディアバスの最終案内かと思いながら注意を向けると、ポルトガル語、スペイン語、英語による感謝の言葉が聞こえてきた。仕事をしているメディアが少なくなり、強すぎる冷房が肌に冷たいメディアセンターを、歓声と拍手が駆け抜けていった。

 開幕前には予想できなった勝利と敗戦があり、開幕前には考えもしなかったことに気づかされる。サッカーはシンプルなスポーツだが、どこまでも奥が深い。

 過去4大会と同じように、今回も4年分の宿題を持ち帰ることになった気がする。それでも、メディアセンターをあとにする僕は、心地よい疲労感に包まれていた。全身を包み込むような疲労も、今夜ばかりは鬱陶しくない。

 W杯は楽しい。何度来ても、楽しい。

 この舞台で勝つ日本を、4年後は観たい。

関連記事

BACK 1 2 3
リオネル・メッシ
ヨアヒム・レーブ
ネイマール
ブラジルW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ